個別見学のご案内

7月12日(日)の構造見学会へご来場いただいた皆様、暑い中、 真にありがとうございます。 「一日だけ?!」「もうやらないの?」と言う声にお答えするため 7月22日(火)から30日(木)まで、メールにて申し込みいただいた 見学希望のお客様をご案内いたします。 メールは、so-go@ka2.so-net.ne.jp まで、何日の何時に見学希望、 お客様のお名前、連絡先をお知らせください、 尚、ご希望の日時に添えない場合もありますので、あらかじめ ご了承下さい。 材に刻印された数字の意味、一般的に使われるホワイトウッドとの違いを...

構造見学会のお知らせ

完成すると全体が見えなくなる建物の中身、骨組みの見学会です。 7月12日日曜日、板橋区小豆沢で開催します。 詳しい場所は、当社までお問い合わせください、http://www.nihonnoki.com こだわりの無垢国産材、桧と杉の骨組みです。 左端が、都心の木造住宅で一般的に使用されているホワイトウッド集成材。 外国産のもみの木の仲間を板にして接着剤で貼り合わせた物です。 シベリアの違法伐採材?シロアリの耐性は?接着剤の耐用年数は? などと疑問がいっぱいなので、当社では使用していません。...

新しい木の家

最近加入させていただいたNPO法人「木の家だいすきの会」 からの初仕事が始まりました。 「木の家だいすきの会」は文字通り木の家が大好きな設計者と 施工店が集まった2002年設立のNPO法人、 木ピロ(KI-Pilot 木の家づくりの水先案内人)がコーディネーターを務めます。 NPO法人木の家だいすきの会 http://kinoie.org/ 板橋区の街中に上棟した木の家、柱はすべて4寸(約12cm)角です。 土台、柱、横架材(梁などの横方向に伸びる材)共に埼玉県産材の桧や杉。 街中に出現した小さな森!...

新作です!

先日、無事に引き渡しが終わった住宅です。 リビングの天井を折り上げ、梁と束を表しにしました。 床、梁・束、建具が杉材です。 キッチンからの眺め キッチンの吊り戸棚をなくす事により、開放的にリビングとつながり、 さらに奥の和室につながっていきます。 和室はリビングとのつながりを重視し、柱を出さない洋室よりの意匠にしています。 襖は「江戸から紙」の二分縞なのですが、写真だと解らないですね。。。 洋室よりとはいえ、お施主様のご要望で神棚はしっかりと設けられています。 寝室の床とドアも杉材、清々しい木の香りが伝わらないのが残念です。...